生命創薬科学科

学科紹介

研究分野・対象

薬学は、医薬品の創製・製造に関する総合科学と、薬剤に関する専門技術を総称するものです。新しい治療薬の開発に努める医薬品の創製・製造分野。薬の効果を最大限に、副作用を最小限に抑える、適正な医薬品使用を実践する医療現場。いずれにおいても必要な領域を研究します。

学科の特徴

生命創薬科学科は先端創薬科学を担う研究者の育成を目指しています。

学びの特徴

生命創薬科学科は徹底した基礎教育、医薬品創製に関わる専門教育、クスリの作用に関する総合情報科学を基盤とした薬学専門教育を行います。

理念・目的・教育目標

生命創薬科学科は、生物、化学、物理の基礎学問の徹底した教育に加え、IT・統計推計学等の情報学を充足した生命創薬科学の基盤形成を行います。その後、ゲノム科学、合成化学、薬理学、薬剤学など薬の開発に直結する学問を学びます。これらの教育・研究活動を通して、生命科学を基盤とした高度の専門知識と技術を備え、確固たる生命倫理に立脚し、人間の健康維持と疾病の克服に貢献する薬学研究者(創薬人)の育成を教育目標とします。その研究は多岐にわたり、学際的な学問の場を提供しています。

カリキュラム

  • 必修科目
  • 選択必修科目
  • 選択科目
1年次 2年次 3年次 4年次
キャリア学習1/薬学入門/情報リテラシー/基礎化学/機能形態学1/生命科学/有機化学1及び演習/機能形態学2/生化学/分析化学1/薬品物理化学1/有機化学2及び演習/基礎薬学実習 統計学・推計学/疫病と病態総論/微生物学1/分子生物学/分析化学2/薬品物理化学2/薬理学総論/有機化学3及び演習/有機化学実習/スペクトル解析/生物化学実習/生物有機化学/免疫学/薬品物理化学3/薬理学1/分析化学実習 医薬化学/天然物化学/放射科学/薬剤学/薬品物理化学実習/薬理学2/医薬品の開発/ゲノム創薬科学/製剤学/天然物薬品学/薬剤学実習/薬物動態学/薬理学実習 卒業研究
衛生薬学実習
医薬品化学/感染症とがんの治療/集団の健康と疾病予防/調剤学/薬学と社会/医療経済学/セルフメディケーションとOTC/臨床統計とデザイン
情報基礎/数学1/物理学1/数学2/物理学2/薬用植物学 生薬学/医薬資源学実習/疫病と病態1/微生物学2 医薬品合成化学実習/放射性医薬品学実習/分子細胞生物学/薬物治療学1/ケモインフォマティクス/有機合成化学/創薬インフォマティクス/創薬化学
実践社会薬学/栄養と健康/漢方概論
医薬品情報学/界面化学/化学療法学/キャリア学習2/疫病と病態2/生活環境と健康/生物統計学/バイオインフォマティクス/分子腫瘍科学/分析化学3/化学物質の生体影響/裁判化学/薬剤師と法律/薬物治療学2/薬効物理化学

卒業研究

創薬科学系

疾病に関わる遺伝子やタンパク質が解明されるようになってきました。それに伴い、現在の創薬研究では、これまでの合成化学的な手法に加え、ゲノム情報、コンピュータ科学を駆使した理論的なアプローチも加えて、新薬を創ることを目指します。
青木研究室/内呂研究室/後藤(了)研究室/早川研究室/和田(猛)研究室/横山研究室

生命薬学系

生命の営みを遺伝子レベル、分子レベル、細胞レベル、生物個体レベルで多面的に学ぶとともに、がん、アルツハイマー病、糖尿病、免疫疾患、感染症などが起こるメカニズムを明らかにして、より優れた薬の開発に貢献します。
秋本研究室/内海研究室/原田研究室/樋上研究室/深井研究室/宮崎研究室

環境・衛生薬学系

食品の栄養バランス、各種集団感染や疾病の現状、将来展望および予防対策、薬毒物による中毒と解毒法、環境汚染物質の慢性毒性、試験法とその予防策などを教育・研究する学問です。

医療・情報薬学系

薬の効果・副作用・飲み合わせなどの情報を収集・活用したり、病状や薬の服用歴を考慮して薬を適正に使用し、患者さんの生活の質を向上させるための勉強をします。

平成28年度 学修簿 卒業所要単位表

専門領域科目 専門領域外科目    
専門科目 基礎科目 一般科目 自由科目
必修 選択
必修
選択 専門
基礎
基幹
基礎
関連専門
基礎
英語 人間
科学
   
53 9 15 21 9 4 8 14 2 135

資格・受験資格

平成29年度までの入学者に限り、当学科卒業後、薬学部に基礎をおく大学院を修了し、さらに不足する科目や実務実習等の単位を一定期間内で修得することによって、6年制学部の卒業生と同等であると厚生労働大臣が個別に認めた場合にのみ、薬剤師国家試験を受験することができます。

教員一覧

進路

進路グラフ
平成28年度卒業生

主な就職先(大学院生含む)

東京理科大学(博士研究員)、アイコン・ジャパン、アクセンチュア、アグレックス、アステラス製薬、アステラス分析科学研究所、アッヴィ、イーピーエス、EPSホールディングス、イトーヨーカ堂、医薬品医療機器総合機構、医療システム研究所、MSD、LSIメディエンス、大塚製薬工場、花王、化学及血清療法研究所、科研製薬、協和発酵キリン、クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン、グラクソ・スミスクライン、三明グループ、JT、資生堂、シミック、信越化学工業、住友化学、第一三共、第一三共RDノバーレ、大正製薬、大日本住友製薬、大和証券グループ本社、高田製薬、田辺三菱製薬、中外製薬、中外製薬工業、中外臨床研究センター、帝國製薬、東京海上日動火災保険、東京化成工業、東和薬品、日産化学工業、日本新薬、日本分析センター、日本薬品工業、ノバルティスファーマ、ノボノルディスクファーマ、パレクセル・インターナショナル、阪大微生物病研究会、藤本製薬、富士薬品、プライム・ブレインズ、ポーラファルマ、三笠製薬、山梨大学医学部附属病院、有機合成薬品工業、愛知県職員、東京都職員

ページのトップへ