基礎工学研究科

研究科紹介

電子応用工学、材料工学、生物工学の3専攻からなる基礎工学研究科では、バイオ・IT・ナノテクノロジー・先端材料などを軸に、重要な先端的科学・技術分野のハイレベルな専門教育を展開しています。特に、これらの分野の横断的・融合的研究の発展がますます重要であることを視野に入れ、基礎工学研究科では各専攻間の横断的研究・教育を進めており、広い視野をもって新しい科学・技術を開拓・創造できる人材の育成を目指していることが特色といえます。既に、他研究科専攻と相互乗入れを実施、または視野に入れて、研究・教育活動を進めています。常に新しい時代の大学院教育を視野に入れ、新鮮でダイナミックな研究・教育体制を発展させ、研究および人材育成で世界に貢献していくことが目的です。

専攻一覧

理念・目的・教育目標

修士課程は、工学・科学の各分野が相互に関連し合って進歩を遂げている現状を踏まえて、各専攻間の枠を超えた横断的な研究・教育を行い、多様な専門性を要求される業務に必要となる研究能力および学識を備え、独創的かつ指導的役割を果たし得る人材を育成し、工学技術の進展に寄与することを目的としています。

博士後期課程は、高度に専門的な業務に従事するに必要な研究能力およびその基礎となる豊かな学識を身につけた人材を育成し、研究者として自立して研究活動を行い、世界的水準を目指した学術研究と工学技術の進展に寄与することを目的としています。

ページのトップへ