総合化学研究科

研究科紹介

総合化学研究科では、現代社会が直面する環境保全・エネルギー資源の確保および難病克服等に関するグローバルな課題の解決に向け、理学・工学の化学系研究者が個々の独創的な研究分野における先端的な技術を発展させつつ、縦割りの研究意識を排しながら結集し、互いの研究内容をよく認識しあい、バリアフリーな教育研究環境と密接な協力体制を構築します。理学の知と工学の知を融合させ、現代社会のグローバルな課題に機動的に対処しつつ先端的な教育と研究を行います。

修士課程
物質の性質と変化を深く理解する基礎学力を身に付けた技術者の育成に重点を置きつつ、社会に必要な物質・エネルギーを創製・開発する能力や、地球環境、生命現象に関する高度の知識を身に付け、住みよい社会を持続的に構築してゆくことに貢献できる能力を備え、社会的良心に溢れた、広範な分野で活躍できる研究者の育成もはかっていきます。
博士後期課程
化学に関連する卓越した専門性と国際的な感覚を身に付け、新たな学問領域の開拓を先導し、活発な学会活動を展開することのできる第一線の研究者、新たな化学技術の開発とともに住みよい社会の持続的な構築を主導することのできる第一線の技術者を育成します。

専攻一覧

理念・目的・教育目標

総合化学研究科では、物質に関する基礎的な物性、変化、諸現象を深く理解し、各専門分野における高度な専門知識及び応用能力を持ち、持続可能な住みよい社会の構築に貢献することのできる社会的良心に溢れる人材を育成するとともに、自立した研究活動によって化学の学術水準の向上に寄与することのできる研究者・技術者・教育者を育成します。

修士課程は、化学に携わる研究者・技術者・教育者として、化学系学部学科における一般的および専門的教育の基礎の上に化学に関する深い学識を修め、持続可能な住みよい社会の構築に貢献することのできる能力を備えた人材を育成・輩出することを目的とします。

博士後期課程は、化学に関連した卓越した専門性と国際感覚を身に付け、新たな学問領域や科学技術の開拓・開発を先導し化学の最前線をさらに前進させるとともに、持続可能な住みよい社会の構築を主導することのできる第一線の研究者・技術者・教育者を育成・輩出することを目的とします。

ページのトップへ