坊っちゃん科学シリーズ

現役の教員が最新の科学の話題や情報を、分かりやすく解説する科学啓発本「坊っちゃん科学シリーズ」を発刊しました。
高校生から大人まで科学を身近に感じてもらうために、最先端の科学テーマを分かりやすく紹介します。

01 『太陽エネルギーがひらく未来』
東京理科大学出版センター編著

新たなエネルギー源として注目を集める太陽エネルギーを取り上げました。

02 『実物でたどるコンピュータの歴史~石ころからリンゴへ~』
東京理科大学出版センター編 竹内 伸 著

計算道具や計算機への人類の取り組みと、コンピュータの発達の歴史についてまとめました。

03 『命を守る材料~人工血管から再生医療の最先端へ~』
東京理科大学出版センター編 菊池 明彦・曽我 公平・牧野 公子・柴 建次・大塚 英典 共著

医療の現場で使われている命を守る材料を紹介し、これから使われるであろう新しい材料についてまとめました。

04 『生命科学がひらく未来』
東京理科大学出版センター編 田沼 靖一・村上 康文・秋本 和憲・内海 文彰 共著

生命の神秘、遺伝子の働き、DNAの組み換え、細胞のしくみとがんの正体、クローン動物、そしてiPS細胞など、生命科学の基礎から応用をまとめました。

05 『青年よ理学を目指せ ~東京理科大学物語~』
東京理科大学出版センター編 馬場 錬成 著

今から約130年程前、若き青年たちが高い理想に燃えて設立した我が国最初の私立理学学校が後に東京理科大学となるまでの波瀾万丈の歴史をまとめました。

06 『理数教育がひらく未来 ~受け継がれゆく坊っちゃんの遺伝子~』
東京理科大学出版センター編著

東京理科大学で受け継がれてきた、理科・数学を学ぶ大切さ、教える楽しさを、若手教師とベテランOBが語る熱きメッセージをまとめました。

07 『東京理科大学ユニーク人物列伝』
東京理科大学出版センター編 山本 威一郎著

理系の人はどんな職業に就くのだろう? 「業界初、世界初への挑戦」「非理工系への転身」「究極の趣味へのこだわり」など、20名の波乱万丈の理大人列伝をまとめました。

08 『めざせ国際科学オリンピック!』
東京理科大学出版センター編 渡辺 正・秋山 仁・北原 和夫・松田 良一・齋藤 淳一・谷 聖一共著

国際科学オリンピックとはなんでしょうか?日本が参加している数学、物理、化学、生物学、情報の5教科について、それぞれの歴史や実施形態、またどのような能力が問われるのかなどをまとめました。

ページのトップへ