お知らせ

ノロウィルス・インフルエンザの流行について

平成24年12月25日

全国的にノロウィルスによる感染性胃腸炎、インフルエンザが流行しています。
学内でノロウィルスやインフルエンザが流行する恐れがありますので、手洗い・うがいを励行し予防に努めましょう。

ノロウイルスについて インフルエンザについて

風疹流行について

平成24年7月26日

6月頃より首都圏で風疹罹患者が増加しております。
風疹は、感染して14日~21日の潜伏期間の後に、発熱や発疹、リンパ節腫脹が出現するウィルス性発疹症です。
風疹は、単に本人の健康に影響を及ぼすだけでなく、妊娠初期の女性が罹ると、赤ちゃんの聴覚や心臓に障害を引き起こす場合もあります。
現在のところ、本学では罹患した学生や教職員は確認されておりませんが、風疹の予防接種を受けていない方や、1回のみの接種の方は、風疹のワクチン接種をお勧めします。
また、風疹は咳やくしゃみを通じて感染しますので、日頃から手洗い、うがいを十分に行い、症状が出たと思われる場合には、マスクをして最寄りの医療機関に受診してください。

はしか(麻疹)流行について

平成23年4月27日

今年4月より、関東地方で麻疹(はしか)にかかった人が増加しています。今後、麻疹の予防接種を受けていない方や、一回しか予防接種を受けていない方を中心に流行する可能性がありますので、注意してください。

※ 麻疹は特効薬がなく重症化することがあり、あらかじめ定められた期間に予防接種を受けることが大切です。予防接種を受けていない場合や、一回しか受けていない場合は、かかりつけ医と相談し予防接種を受けることをお勧めします。

 標準的な接種期間・回数
・ 1期:1歳以上2歳未満(1回接種)
・ 2期:5歳から7歳未満で小学校就学前1年間(1回接種)
・ 3期:中学1年に相当する年齢の方(1回接種)
・ 4期:高校3年に相当する年齢の方(1回接種)

  *3期、4期は平成20年度~24年度までの時限措置となっています。

はしか(麻疹)

鳥インフルエンザへの対策

平成23年2月1日

鳥インフルエンザへの対策

本年度は、高病原性鳥インフルエンザウイルスか全国各地で検出されています。
鳥インフルエンザへの対策という観点から、 以下の点に注意しましょう。

1.手洗い、うがいの励行

日頃から、手洗い、うがいなど一般的な感染予防対策励行する。

2.野鳥への対応

(1) 死んだ野鳥などを発見した場合には、手で触らない。同じ場所でたくさんの野鳥などが死亡していたら、近くの都道府県又は市町村役場に連絡する。 (2) 野鳥にはなるべく近づかない。近づいた場合や野鳥などの排泄物等に触れた場合には、手をきちんと洗い、うがいをする。
(3) 不必要に野鳥を追い立てたり、つかまえようとしない。
(4) 鳥や動物を飼育している場合については、それらが野鳥と接触しないようにする。
このため、放し飼いは行わないようにするとともに、野鳥の侵入や糞尿の落下などを防止するために、飼育施設にトタン板等の屋根を設けたり、ネットに破れがないか点検するなどの適切な措置を講じる。また、周囲に穀類等 のエサや生ゴミ等野鳥を誘引するものを置かず、清潔を保つ。

3.正しい知識の普及

鳥インフルエンザは、感染した鶏肉や鶏卵を食べることによって人に感染することはなく、また、鳥インフルエンザは、人に感染する可能性はきわめて低いものであり、根拠のない噂などにより混乱したりせず、正確な情報に基づいて冷静に対応する。

参考
環境省作成「野鳥との接し方」
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/bird_flu/manual/20101204.pdf
消費者庁作成「鳥インフルエンザに関する情報について」
http://www.caa.go.jp/adjustments/pdf/110122adjustments_1.pdf

大麻等の薬物乱用防止について

平成21年10月29日

学生の皆様へ

ここ1、2年、学生の大麻栽培・所持及び売買による逮捕事件が多発しています。大麻などの薬物使用は重大な犯罪で、『大麻取締法』によりその所持、栽培、譲渡が厳しく禁止されており、これらに違反した者は、7年以下の懲役に処せられます。営利の目的で違反した場合は、10年以下の懲役と罰金も科されます。

大麻には、「マリファナ」、「ハッパ」、「チョコ」などの呼び方があります。大麻には害がないという誤った情報が広がっていることから、青少年の乱用者が増加しています。大麻を使用すると、感覚が異常になり幻覚や妄想等を誘発し殺人を犯したり、依存症や中毒性精神病になってしまうこともあります。禁止薬物の使用は、心身を害するだけでなく社会的信用も失うことになります。学生の皆様は、大麻等の薬物乱用の恐ろしさを認識し、禁止薬物に関わりをもつことがないようくれぐれも注意してください。

ページのトップへ