HOME > ニュース&イベント・セミナー > プレスリリース

プレスリリース

 
 
NEW! 2014.2.17

東京理科大学発ベンチャー企業 ㈱イノフィスを創立
(PDF 304KB)

~動作補助ウェア「マッスルスーツ」の商品化を目指して~
2014.1.30

カーボンナノチューブが、熱を電気エネルギーを熱に変換する優れた性質を持つことを発見
(PDF 411KB)

フレキシブル熱電変換素子の実現に一歩前進
2014.1.23

反水素原子ビーム生成に成功
(外部サイト)

2013.10.31

タンパク質の分泌不全マウスの作製に成功
(PDF 388KB)

糖尿病とうつ病が併発するメカニズムとの関連性を示唆
2013.10.02

器官再生による涙腺機能の回復が可能であることを実証
(PDF 778KB)

高齢・情報化社会において克服すべき課題となっていたドライアイの根治的治療へ展開される可能性
2013.10.02

機能的な唾液腺の再生が可能であることを実証
(PDF 949KB)

ドライマウスに対する新規治療法としての可能性と次世代の臓器・器官再生医療としての分泌腺再生の実現可能性を示す
2013.09.05

植物の免疫機構を制御する陰イオンチャネルタンパク質を発見
(PDF 778KB)

~植物の免疫力を高め、植物の病気への耐性を高める技術の開発に向けた一歩~
2013.06.20

富士山の山頂で今年も夏期観測を実施
(PDF 949KB)

~PM2.5の越境汚染の監視、大気電気現象・超高層大気の観測など全部で15件~
2013.06.19

ビッグデータビジネスの産学連携開始
(外部サイト)

~ソフトバンク・テクノロジーと東京理科大学がビッグデータを活用した共同研究契約を締結~
2013.04.03

疎水性のカーボンナノチューブ表面は水で薄く“濡れている”という奇妙な現象を発見!
(PDF)

~大気中の材料・生体物質の表面性質を解明する第一歩~
2013.03.11

超高感度脳型パッチフィルムセンサーの開発に成功!!
(PDF 374KB)

~ワンプッシュの微細加工技術で微量分子検出可能な極薄リンクルフィルム~
2013.02.08

新しい作用メカニズムを有する「新規抗がん剤」の人工合成について
(PDF 154KB)

~新しい分子標的抗がん剤の「リード化合物」を創出することに成功~
2013.01.23

放射能汚染土壌改質に対する阿蘇黄土リモナイトの放射線量低減効果の発見とその有用性
(PDF 152KB)

~被災地・福島県いわき市久之浜町末続地区で実証~
2013.01.22

世界初!粉体の水素化ホウ素ナトリウム(NaBH4)を燃料として走行する燃料電池電気自動車の試験走行に成功!
(PDF 355KB)

~車上で水素を生成して燃料電池に供給。大規模なインフラ整備が不要に。~
2013.01.15

グラフェンをこねて、伸ばして、室温下で自在に成形加工!!
(PDF 560KB)

~最先端ナノ材料の新成形加工技術であり環境にもやさしくリサイクル可能~
2012.12.05

自閉症モデルマウスの作製に成功 発症のメカニズムを解明
(PDF 906KB)

~自閉症関連の創薬に向けた利用が可能に~
2012.10.09

従来の薬剤より純度が2倍高い非ステロイド性抗炎症薬の合成に成功
(PDF 243KB)

~動的な速度論的光学分割法で不純な薬剤を純粋かつ2倍の濃度に~
2012.10.05

ワンプッシュの微細シワ加工技術で2つの超撥水性を同一基板に実現
(PDF 729KB)

~微細加工の新規技術としてだけでなく、水資源・節水対策にもつながる大きな1歩~
2012.06.25

富士山測候所での夏期観測2012の概要について
(PDF 1.32MB)

~7月12日から9月3日までの54日間(過去最長) 16グループ延べ約350名が参加~
2012.06.20

本格的なポジトロニウムビームの生成に成功
(PDF 208KB)

~絶縁体の表面分析や基礎研究のための新しいプローブ(探針)が利用可能に~
2012.05.02

レアメタルフリー構成のナトリウムイオン蓄電池の実現につながる研究成果
(PDF 1.80MB)

~資源が豊富な元素である鉄とマンガンからなるレアメタルフリーの新規電極材料の開発に成功~
2012.04.18

成体毛包由来幹細胞による毛髪再生を実証
(PDF 1.16MB)

~次世代の器官再生医療としての毛髪再生の実現可能性を示す~
2012.02.16

イネの抗菌化合物合成を制御するタンパク質を発見
(PDF 526KB)

~イネなどの植物の免疫力を高め、病気への耐性を高める技術の開発に向けた一歩~
2012.02.13

二酸化炭素排出量60%削減 澱粉含有ポリエチレン発泡緩衝材の開発
(PDF 1.23MB)

地域イノベーション戦略支援プログラム(旧知的クラスター創成事業) グローバル型(第Ⅱ期) 成果 第28号
2012.01.23

世界初、培養細胞にてアルツハイマー病の病態再現に成功
(PDF 86KB)

~病因の解明、治療薬の開発に向けて~
2011.12.02

安全で高速な(従来比約1万倍)処理速度持つ新暗号方式の開発に成功
(PDF 86KB)

~プレスセミナーのご案内~
2011.11.25

高効率で強塩基を発生する光塩基発生剤の開発
(PDF 288KB)

~和光純薬工業株式会社が販売を開始~
2011.10.27

遺伝病のひとつ「マルファン症候群」の疾患の改善につながる成果
(PDF 195KB)

~微細線維成分の補充によるマルファン症候群の微細線維形成不全の改善~
2011.10.27

世界初!多特性ファインセラミックススプリング材料の開発に成功
(PDF 44KB)

~伸縮可能な導電性セラミックススプリングの生産が可能に~
2011.10.26

かき混ぜる向きで分子の利き手を制御することに成功
(PDF 88KB)

~生命ホモキラリティーの謎解明へ~
2011.09.20

ナトリウムイオン二次電池の最新研究成果
(PDF 195KB)

~プレスセミナー開催のご案内~
2011.09.12

ワークショップ「情報セキュリティー」開催
数学的原理で解けない新しい暗号技術のデモを実施
(PDF 349KB)

イタリアと東京理科大学の相互協力で構築
2011.07.20

世界初!有効成分を効率よく浸透させる「ペット用リポソーム製剤」の開発に成功
(PDF 482KB)

~ステロイド薬剤に頼らず、皮膚にやさしい創傷治療が可能に~
2011.07.06

世界初!再生成熟器官移植としての「再生歯ユニットによる歯・歯周組織の包括的な再生」が可能であることを実証
(PDF 584KB)

~次世代の器官再生・臓器置換再生医療の実現可能性を示唆~
2011.07.04

「富士山測候所における夏季観測・研究計画」 記者発表会のご案内
(PDF 78KB)

NPO法人富士山測候所を活用する会 ~7月、8月の夏季観測研究に16グループ延べ350名参加~
2011.05.09

ジルコニウム同位体で変形魔法数を発見
(PDF 619KB)

変形魔法数が原子核に大きな変形をもたらす
2011.04.25

近赤外線を用いて水を分解する詳細な光合成メカニズムを解明
(PDF 283KB)

~次世代バイオマスエネルギー獲得の可能性を示唆~
2011.04.06

世界初、ポジトロニウム負イオンの光脱離に成功
(PDF 308KB)

物質の表面分析や基礎研究のための新しい技術エネルギー可変ポジトロニウムビームの生成が可能に
2010.12.24

世界初、コインセルサイズでリチウムイオン電池用正極材料の充放電過程における中性子回析測定に成功
(PDF 308KB)

リチウムイオン電池の劣化要因を解明し、高性能化の実現を示唆
2010.12.01

バナナのスギ花粉症に対する予防効果の基礎的検討
(PDF 204KB)

東京理科大学プレスセミナーのご案内
2010.10.21

植物バイオマス生産性を向上させる植物遺伝子を発見
(PDF 438KB)

植物の実が通常より10%以上大きくなり、品質改善作用も
2010.10.21

空気圧式人工筋肉で歩行訓練 脊髄損傷による片麻痺の女性マラソン出場までに回復
(PDF 309KB)

11月23日開催の福知山マラソン(3km)に歩行器で出場へ
2010.08.25

世界初 触媒反応で不純物を含まない消炎鎮痛剤の生産に成功
(PDF 287KB)

光学活性エステルの製造方法及び光学活性カルボン酸の製造方法を確立
2010.06.22

臓器置換再生医療の実現を目指して
(PDF 724KB)

歯や毛髪再生からアプローチした研究戦略と展開
2010.06.22

旧富士山測候所 学術研究・教育利用の計画概要発表
(PDF 261KB)

気象庁からの再借用決定、2010年度夏季観測・研究がスタート
記者発表会のご案内
2010.06.07

「イネの免疫機構を制御する新規タンパク質を発見」
(PDF 261KB)

イネなどの植物の免疫力を高め、病気への耐性を高める技術の重要な一歩
2009.12.16

世界初!磁石を使わないハイブリッド車用モーターを開発!

このプレスリリースに関する教員千葉明教授は、本年4月1日に東京工業大学に転出しました。
本件におけるお問い合わせについては、東京工業大学にお問い合わせください。
2009.11.24

安全性と性能を大幅に向上!実用化に向けて大きく前進!イオン液体電解液を用いた次世代リチウム電池」
(PDF 217KB)

新技術により高容量の電極材料を適用可能に!世界に先駆けて成功
2009.08.04

世界初!「歯の機能的な再生」が可能であることを実証
(PDF 122KB)

記者発表会・説明会のご報告
2009.05.08

総合研究機構 「先端デバイス研究部門」 オープニング講演会
(PDF 317KB)

2009.04.06

東京理科大学発ベンチャー企業「株式会社マークス・ジャパーン」
(PDF 289KB)

記者説明会のお知らせ
2009.03.23

捨てているエネルギー(排熱)を、使えるエネルギー(電気)に変換!実用化に着手!
(PDF 273KB)

排熱発電に関する記者発表・説明会開催のお知らせ
2009.01.30

第19回産学官交流シンポジウム開催
(PDF 273KB)

=千葉県の産学官が連携して、地域社会に貢献=
2009.01.09

「阪大-理科大合同シンポジウム」事前記者発表会開催
(PDF 273KB)

今までにない光源を用いて未来を拓く先端研究施設共用イノベーション創出事業
2008.12.19

「ナノテクノロジーと液晶の融合」、1月7日(水)開催
(PDF 267KB)

文部科学省都市エリア産学官連携促進事業 「ナノ液晶」公開成果報告会
2008.09.11

次世代化学分析システム「マイクロ流体チップ」の実用化を促進
(PDF 356KB)

微小管内にある気泡の非接触かつ選択的な輸送・除去が可能に!
2008.04.10

骨再生医療の性能を大幅に向上
(PDF 469KB)

骨の再生をコントロール可能にするシランカップリング剤を世界で初めて開発
2008.03.27

大容量記憶メディアを実現する熱ナノインプリントの実現化に向けて
(PDF 469KB)

世界ではじめて高性能耐熱性離型剤の開発に成功
~ハードウエアがギガからテラに~
2008.02.25

世界初・わずかな純化工程、低価格での安定したリユース・シリコン生産に成功
(PDF 469KB)

製造・加工工程で大量廃棄されているシリコン廃棄物を100%再利用へ
高性能「排熱発電」素材として有効活用する技術を開発
2008.01.28

第18回 産学官交流シンポジウム 開催
(PDF 469KB)

「環境」をテーマに、千葉県の産学官連携を推進
2007.03.14

長野・上田地域知的クラスター創成事業成果 第20号
(PDF 469KB)

高強度透明ナイロンの開発
2007.02.13

米国科学雑誌「Nature Methods」オンライン版での発表を前に
(PDF 331KB)

世界初・人工的な「歯の再生」に成功
~次世代の「臓器置換再生医療」を目指して~
2007.01.31

産学官交流シンポジウムを今年も開催
(PDF 209KB)

~ “食と水” をテーマに ~
2006.11.24

11月24日 米国化学会論文誌「Nano Letters」ウェブサイトにて発表
(PDF 621KB)

金・銀・銅を触媒とした“カーボンナノチューブ”の合成に世界で初めて成功
~ これまでの常識を破る様々な金属触媒による合成を実現 ~
2006.09.14

「末期がんの完全治癒を目指して‐次世代のがん治療‐」
(PDF 397KB)

~ 副作用を劇的に軽減し、患者のQOL向上に大きく寄与する次世代の治療法 ~
2006.08.30

ハイブリッドカーからスーパーコンピュータまで、開発途上のパワーエレクトロニクス技術に適用
(PDF 306KB)

東京理科大学と九州大学が共同開発した『気泡微細化沸騰冷却装置』イノベーション・ジャパン2006にて初公開
2006.02.28

“民学連携”した新たな試みで医療に貢献
(PDF 499KB)

“タンパク質の立体構造”解明に大学と一般家庭が協力
~“分散コンピューティング”で一般家庭のコンピュータを学術研究に活用 ~
2005.10.14

東京理科大学・再生工学研究センターらの研究グループ
成人T細胞白血病の発症に関与する仕組みを解明
(PDF 401KB)

~ 10月18日発行の米国科学雑誌「国立科学アカデミー紀要」に研究内容が掲載 ~
2005.09.26

東京理科大学科学技術交流センター(承認TLO)公開シンポジウム
(PDF 238KB)

「東京理科大学イノベーションシンポジウム2005 in 山口」開催
~ 全国に広がる東京理科大学の最先端研究・技術で山口県の地域産業を活性化 ~
2005.08.29

中小企業と金融機関を対象とした共催の「知的財産セミナー」を開催
(PDF 227KB)

東京理科大学と知的財産総合支援センター埼玉が知的財産の活用を通じて県内の中小企業をサポート
2005.08.04

東京理科大学と三井住友銀行グループが産学官連携推進で提携
(PDF 196KB)

~ 大学と銀行グループの連携による企業支援ネットワークの構築 ~
2005.07.14

“まちづくり”で官学連携
(PDF 199KB)

東京理科大学と小布施町(長野県)が共同で「まちづくり研究所」を設立
開所式および設立協定調印式を7月18日に開催