2010.06.24 Thursday

本学教員らが開発したロボットシステムの「ミユカ」が『日本経済新聞』等で紹介

理工学部電気電子情報工学科木村真一准教授と清水建設の共同研究により開発された「ミユカ」が『日本経済新聞』『日経産業新聞』で紹介されました。

「ミユカ」は自分の位置を見つけ出すシステムです。これは木村准教授の研究分野である、星を頼りに位置や向きをコントロールする人工衛星の技術を応用して開発されました。空の星のかわりに床にちりばめた点を読み取ってロボット位置を検出します。このシステムは超音波やGPSなどを利用する方法に比べ正確であり、コストも安くすることが可能です。今後は工場や病院での導入を目指してさらに研究が進められます。詳細は同紙をご覧ください。

■ 掲載紙
『日本経済新聞』 2010年6月24日付朝刊
『日経産業新聞』 2010年6月24日付

木村研究室ホームページ
大学公式HP: http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?52d7
研究室オリジナルHP: http://www.kimura-lab.net/

  • Share
  • Tweet

ページのトップへ