2011.09.28 Wednesday

企画展「太陽エネルギー展―太陽の恵みを活用するために―」を開催

「太陽エネルギー展―太陽の恵みを活用するために―」を開催いたします。

会期及び観覧時間 2011年10月18日(火)〜2012年2月18日(土)まで
10:00〜16:00
休館日:日曜・月曜・祝日・年末年始
会場及び観覧料 東京理科大学近代科学資料館 2F 企画展示室(展示室60m2
JR総武線「飯田橋」徒歩4分
入館無料
主催 東京理科大学近代科学資料館
開催趣旨 地球上のエネルギー循環を理解し、クリーンなエネルギーを太陽光からいかにして取り出し、また、太陽光をいかにして環境浄化に利用するかに関する新しいテクノロジーについて紹介します。エネルギー・環境問題について一般市民・学生に広く啓発を行うことを目的とします。
展示内容と主要展示資料 1. 大気環境科学(大気循環、熱収支について、大気エアロゾルの環境影響)
2. 太陽光発電の歴史(光起電力効果の発見、単結晶シリコンなど発明解説)
3. 太陽電池の種類と特徴
(市場の太陽パネルと研究中の色素増感型太陽パネルについて解説と実物展示)
4. 太陽光による光触媒と水分解
(本多・藤嶋効果発見時の資料、粉末光触媒による水分解装置、光触媒応用製品)
5. 電気をためる・使う研究(Naイオン二次電池、新しい発電回路試験装置)
関連講演会 1. 10月30日(日)14:30〜15:30
「あふれる光をエネルギーに ─これからの太陽電池とSolar Hydrogen─」
東京理科大学 工学部工業化学科教授 荒川裕則
2. 12月10日(土)14:30〜15:30
「光触媒 ―いま注目されているこの新技術の動向―」 東京理科大学学長 藤嶋昭
3. 1月21日(土)14:30〜15:30
「夢の水素製造方法をめざして」 東京理科大学 理学部応用化学科教授 工藤昭彦
協力 東京理科大学 総合研究機構 太陽光発電研究部門
神奈川科学技術アカデミー 光触媒ミュージアム
お問い合わせ先 東京理科大学近代科学資料館
TEL03−5228−8224 FAX03−5228−8116 http://www.tus.ac.jp/museum/
  • Share
  • Tweet

ページのトップへ